自律神経失調症

 


 

詳しくはこちら↓↓

 

自律神経失調症ってなに?

交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経系のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称のことを自律神経失調症といいます。

 

簡単に言うと、人間活動するためのオンとオフのスイッチが上手く切り替える事できなくなっている状態です。

 

 

主な症状はめまい、冷や汗が出る、体の一部が震える。血圧が上下する、急に立ち上がるときに立ち眩みが起こる、朝起きられない、耳鳴りがする、動悸、頭痛、微熱、倦怠感、不眠症、生理不順、味覚障害といった身体症状から、人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、鬱状態など精神的な症状が現れることも多いと言われています。

 

 

自律神経総合療法コースとは?

自律神経を正すには、交感神経が優位になっている体を副交感神経が優位になるようにしてあげればいいのです。

 

その為には体がリラックスしなくてはいけません。体に力が入っている状態や、頭の中に嫌なイメージがあると交感神経が優位に働いてしまい、上手く体のオン、オフが上手くできません。

 

そこで整体院信玄が独自の施術法「自律神経総合療法コース」がオンオフの切り替えをします。

 

 

自律神経失調症でお悩みならお電話を

055‐269‐6760

↑スマホの方はタッチで発信

月曜〜日曜10:00〜20:00 不定休



24時間対応