当院の院長は理学療法士です

理学療法とは

諸外国では、医療というと薬・手術・理学療法の3つが正式にみとめられています。
(柔道整復師・カイロプラクティックス・鍼灸院などは認められておりません
 
 
理学療法は、脳血管障害等の中枢疾患や小児の発達障害・呼吸疾患・循環器疾患、術後のリハビリ、機能回復のトレーニングなどを行っております。
 
現在では、病院のみならず、整骨院、整形外科、介護施設など多くの場所で働いている方がいます。
 
特に、動作分析や日常生活指導、ストレッチや、様々な調整法は理学療法士が得意としている分野です。


理学療法士の定義

○理学療法士の定義(理学療法士及び作業療法士法2条より)
・高齢者、交通事故などにより発生した身体機能障害の回復のためのトレーニングのみならず、脳卒中での片麻痺などから、新生児の運動能力の発達の遅れ、身体的な障害を持つ人に対して、医師(時に歯科医師)の指示の下、その基本的動作能力の回復を図ることを目的に、治療体操その他の運動を行わせ(運動療法という)、及び電気刺激、温熱、マッサージなどの物理的手段を加える(物理療法という)者であり、その活動を理学療法という。

 

活動場所

病院や整形外科、介護施設、訪問リハビリなど活動範囲は多数にございます。
 
教授をされている方や、認定試験を受けている方
 
足底板に特化したサロン、股関節治療に特化した治療院
 
また、経営者の方も増えております。デイサービスの運営、整体院、整骨院の運営が主です。
 
また、個人で理学療法+ヨガ、理学療法+美容など様々な業種でも活躍が目立ちます。
 

 

東京やそのほかの件では、理学療法士が独立し、整体院を運営している場所は徐々に増えてきております。
 
しかし・・
 
山梨県で独立されている方も数人いらっしゃいますが、ほとんどいないのが現状なのです。
 
 

 

独立が難しい理由

Q,なぜ、独立する方が少ないのか?
 
答えは、様々ですが、まず一つに法律上「医師の元で」というのがございます。ですので、看板には理学療法士と書いてはいけない法律があるのです。
ですので「整体院」として開業しなくてはならないのです。〜〜サロン〜〜リハビリでもOKです。
 
また、理学療法士は経営面はほぼ無知です。独学で学ぶ必要があります。
 
更に、保険内での施術から自費診療に移行しなくてはなりません。
それないの技術・サービスは必要になるでしょう。

当院と他の整体院との違い

当院は、電気、ただのほぐしはしません。

 

 

どこにいっていいか分からない方や、整骨院や病院に行っているけどなかなか改善されない方が多くいらっしゃっております。
 
 
 
町の整体(民間資格)やリラクゼーション、病院・整形外科への通院、整骨院で電気を当て、マッサージをしている方へ!!
 
どこに行ったらいいか分からない方の為に、初回¥3,980円でおこなっております。
 
更に!!
 
初回は完全返金制度があります。
 
更に!!!
 
3日以内でしたら、身体に不調がでましたらもう一度見させていただきます。
 

この機会に是非ご相談下さい。